High Sierraインストールでトラブルが起きた話

MacBook Air 2017 を入手して初期設定を終え、App Store を開くと macOS High Sierra 10.13.5 にアップデートできます!と表示されていました。このとき、何の疑いもなくポチったことを少し反省しています。

「インストール中 残り 30 分」のところからバーが進まなくなり、調べてみると High Sierra のインストールはこれまでの macOS よりも不安定だとか…。

結局解決したので良かったですが、若干苦労したので書き残しておこうと思います。

スポンサーリンク




対応している MacBook

High Sierra には対応していないバージョンがあります。

  • OS X 10.8 以降
  • メモリ 2GB
  • 空き容量 14.3GB 以上

かつ、ハードウェアが

  • MacBook Late 2009 以降
  • MacBook Pro Mid 2010 以降
  • MacBook Air Late 2010 以降
  • Mac mini Mid 2010 以降
  • iMac Late 2009 以降
  • Mac Pro Mid 2010 以降

という条件があります。

今回アップデートしたのは MacBook Air 2017 の 8GB モデルだったので、そこは問題ありませんでした。

インストール途中で止まる事例

High Sierra に限らず、以前にも残り数分のところでフリーズするという事例が見られていたようです。

もしフリーズしていればログが更新されないので、フリーズしているのかどうかはインストールのログを確認するとわかります。

ログを見る方法は、インストール中の画面で Command + L を押すことですが、進み具合によって表示されません。

(私の場合の) 解決方法

フリーズしてしまうと、何時間も放置してみるか、強制終了する他ありません。電源ボタンを長押しすると、強制終了になります。

強制終了した後に起動してみると、画面中央に?が点滅していました。起動ファイルが見つからないようです。起動ファイルが見つからない場合は、電源を入れ直してからすぐに Command + R をリンゴマークが出るまで長押しします。

その後、macOS ユーティリティが起動するので、ディスクユーティリティを選択して起動ディスクが入っているはずの Macintosh HD で First Aid を実行します。これによって起動ディスクの破損箇所が修復されるので、ディスクユーティリティを閉じて Apple メニューから起動ディスクを選択します。

しかし、起動ディスク自体がない場合は、macOS 自体を再インストールするしかありません。いわゆるクリーンインストール状態…。

macOS ユーティリティで macOS 再インストールを選択して実行です。

一からインストールし直したら大体立ち上がってくれます。

最後に

私の場合はインストールが終了して開いてみるとインストール前の設定が反映されていたので、OS インストール失敗による被害は結果的にありませんでした。めでたし。

スポンサーリンク