スマホの指紋認証が反応しにくくなる理由

今では当たり前のようにスマホに指紋認証機能が搭載されるようになりましたが、感度に満足できず、結局指紋認証以外の画面ロックなどを使っている人も多いようです。

しかし、指紋認証は冬以外はとても便利でセキュリティ対策にもなるので、おすすめです!

スポンサーリンク




なぜ指紋認証を勧めるのか

指紋認証は本人のみが解除できる数少ない認証手段です。

最近は顔認証の感度が上がり、骨格が似ている人が誤って解除するケースは少なくなりましたが、逆に寝起きでは反応しないなどの課題点もあります。便利なことに変わりないので、私もスマホに搭載されていれば使いたいところです。虹彩認証搭載機種もありますが、使ったことないのでわかりません。

欠点は、手袋を使うことがある冬だけです。顔認証がマスクしていると使えないのと同じです。

また、パスワードを打つ必要がないので、周囲から見えやすい環境でも安全に解除できます。

指紋認証を活用しているアプリ

アプリを開くときのロックやログインなどで使われることが増えています。

Evernote や楽天銀行アプリ、My docomo などが対応していました。(Android)

反応しにくくなる理由

考えられる理由は三つあります。

一つ目は、時間経過です。一部端末ではなぜか登録してしばらく経つと反応が悪くなるようです。私はあまり経験がありません。

二つ目は、手の汚れです。手に砂や埃が付着していると反応しないのはもちろん、手汗の量などにも影響されます。

三つ目は、登録したときの向きや範囲によるものです。指紋を登録するときにスマホを使うときの自然の持ち方を想定しないと、反応しにくくなります。

より反応感度を高めるために

まず、手は綺麗にすること。指紋認証の方式はいくつかありますが、わずかな電気の流れを検知して指紋を読み取る静電容量方式などは、それを妨げる何かが手に付着していれば、うまく反応しません。

それから、登録するときに様々な向き、範囲で試すことをおすすめします。実際にスマホを持っているときと同じようにして登録すると反応しやすくなります。また、何本もの指を登録すると反応が悪くなる傾向があるので、2, 3 本に抑えるといいと思います。

反応がかなり悪くなってきたら、めんどくさいかもしれませんが再登録するほうがイライラせずに済みます。

最後に

銀行アプリなどでログインに指紋認証が使えるのは最高です。基本的に毎回ログイン必須ですし、公共の場でパスワードを見られる危険性が排除できるので、おすすめです。

スポンサーリンク