ぜひシェアをお願いします!

噂のADPICKの詳細と実態に迫ってみた

5 月にサービスが開始された ADPICK は SNS を中心に利用者が増えていますが、アプリを紹介しただけで報酬が貰えるおいしいサービスなんて本当にあるのかと疑いたくなります。

そこで、サービスの詳しい内容や実際の収入の獲得方法、退会の仕方などを見てきました。

スポンサーリンク

ADPICKとは

簡単に言うと、アプリを紹介してその紹介料をポイントで受け取るサービス。SNS で行う成果型アフィリエイトのようなものです。

ポイントは後に述べる方法で現金、プリペイドカードに交換して使えるようになります。

運営しているのは韓国の企業のようです。たまに日本語がおかしいところがあったり…

リンクを SNS などに貼って紹介料を受け取るというサービスは実は以前からあります。

国産のものではソエンドなどがそれに当たりますが、広告の内容が魅力に欠けるので報酬にも結び付かず、モチベーションも上がりませんでした。

登録

ADPICK はメールアドレスとパスワード、サービス上で使うニックネームを登録するだけ。

通常アフィリエイト系は住所登録などがあったりするのですが、その面では楽ですね。

この楽さがいいのか悪いのかはわかりませんが…

使い方

利用方法は、ごく簡単です。

紹介したいアプリのキャンペーンの URL をコピペして、簡単な紹介文と一緒に貼るだけです。後は、インストールされるのを待つのみ。

欠点としては、始まってそれほど経っていないからか、アプリが少ないことです。この先充実してくると、もう少し魅力的ですが。

報酬

得られる報酬はアプリによって異なり、一人がインストールすると数十円~数百円です。

何人もインストールすればそれだけ報酬がもらえるよ!というのがこのようなサービスの売りですが、そう簡単にいくとも限りません。

報酬に結び付けるにはそれなりの拡散力が必要ですし、ADPICK の利用者が増えてくると報酬を得る機会が減っていきます。

それとは別にクエストがあり、チュートリアルを読んだり、紹介数が一定に達するとポイントが加算される仕組みもあります。

そんなにお金をばらまけるほどの資産があるのかと脱帽ものですが。

換金

換金はポイントショップから行います。

今用意されている換金先は、Amazon ギフトカード、iTunes カード、PeX、V プリカの 4 種類です。

現金と書いてある場合がありますが、直接現金化する方法は今のところありません。

手数料

手数料は交換先にかかわらず、10% になります。

もし 10,000 円分交換したかったら 1,000 円分のポイントが必要になるので、そんなに安くはないですが、それがコンバージョン報酬の高さに表れているのでしょうね。

現金化

報酬を現金として受け取りたい場合は直接は無理なので、PeX を仲介する必要があります。

PeX 側でも 10~20% の手数料が引かれることをお忘れなく。

退会

マイページの中の情報変更を押すと、会員情報の修正ができるようになっています。

その一番下に会員退会リンクが設置されているので、とりあえず退会の方法は示されています。

実際に退会してはいないので、ちゃんと機能しているかはわかりませんが。

まとめ

夢が膨らむサービスではありますが、うまい話にゃ裏が~とか言いますので不安も少し。

報酬額は同系サービスに比べるとかなりいいので、大変魅力的ではありますね。

後日談:ADPICKが生命線を絶たれる

(追記:2016/08/15)

現在、ADPICK で発行される URL を Twitter に貼ろうとするとスパムと認識されて、投稿できなくなったようです。

めっきり ADPICK の宣伝を見かけなくなったと思ったら、そういうことだったのですね…

SNS を重視した ADPICK のビジネススタイルは早くも危なげです。

スポンサーリンク

ぜひシェアをお願いします!

mktia は、Amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazon アソシエイト・プログラムの参加者です。