ぜひシェアをお願いします!

日本製格安スマホのフラッグシップモデルが登場!

freetel

第一弾の雅 -MIYABI-の紹介に続き、今回はフラッグシップモデル”極 -KIWAMI-”の紹介です!価格が結構違うので、雅とどれくらい性能差があるのかも気になるところですが、その高性能っぷりに脱帽です。

記事を書いているうちに欲しくなってきましたが、まず紹介を終わらせたいと思います。

スポンサーリンク

フラッグシップモデルとは

フラッグシップモデルとは、簡単に言えば今季最高スペックのスマホです。
各企業の威信と命運をかけた”旗艦”なので期待が高まります。

極 -KIWAMI-

FREETEL SAMURAI KIWAMI はSAMURAIシリーズ最初のフラッグシップモデルです。

samurai-series
by FREETEL公式ページ

スペック比較表

スクロール→ iPhone 6s
縦×幅×厚さ(mm) 159.5×82.6×8.9 138.3×67.1×7.1
重さ 182g 143g
OS Android 5.1 iOS
CPU 2.0GHz 8コア 1.8GHz 2コア※
メモリ RAM:3GB RAM:2GB※
ROM:32GB ROM:16,64,128GB
microSD
microSDXC(最大128GB)
ディスプレイ 6.0インチ
2560×1440(WQHD)
4.7インチ
1,334×750(Retina HD)
リアカメラ 2,100万画素 1,200万画素
インカメラ 800万画素 500万画素
バッテリー 3,400mAh(取り外し可) 不明
SIM micro×1スロット
+nano×1スロット
nano×1スロット
周波数 省略
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.1 LE 4.2
センサー等 省略
価格(税別) 39,800円 16GB:86,800円
128GB:110,800円

※一部公式発表されていない情報が含まれます。

勝手に評価してみた

懲りずに前記事と同じことを言いますが、本来はまったく別物のOSで動いているので比較対象にすべきではないけれども、感覚的なわかりやすさを優先しました。

大きさ

雅と比べて全体的に大きくなり重量も増した感じです。iPhone 6s Plusと比べると極の方が若干厚くて軽いようです。

どんどん軽量化が進んでいるので少し重い部類に入りますが、6s Plusほどではない、と。

CPU

2.0GHzでオクタコア……最新機種のXperia Z4でも2.0GHz×4コア+1.5GHz×4コアなので、この凄さをわかっていただけるでしょうか。

強いて言うなら、どこの企業のプロセッサか表記がなかったり、32bitなのか64bitなのかわからなかったり……それでも、サクサク快適に動くといって間違いないと思います。(個人的見解)

メモリ

RAMも最新機種と変わらない3GBです。フラッグシップモデルではありますが、まさかこんなに高性能なスマホを出すとは……

CPUとRAMをあわせて考えても、ホントに他社の最新モデルと遜色ない処理能力だと思います。ROMの方は雅と同じ32GBでした。SDカードも挿せるので、十分ですね。

ディスプレイ

雅は5インチでしたが、極は6インチ。iPhone 6s Plusでも5.5インチなので、結構大きめです。

画質は2560×1440で、解像度上は雅の4倍であり最新のディスプレイに並びます!画面が6インチで解像度がWQHDという点では、Nexus6と同じ。

余談ですが、WQHDって何の略称なんでしょうか。W(Double) Quality Hivison Displayとかそんな感じなのかと思いますが。

カメラ

出ました、2,100万画素。解像度はとても高いです。

そして凄いのは、インカメラが800万画素!iPhone 6はリアカメラ(メインカメラ)でも800万画素だったので、それを考えるとかなり頑張った感があります。自撮りするにも画質が綺麗な写真が撮れるでしょうね。

バッテリー

3,400mAhと結構大容量です。雅もそうだったので、こっちのモデルも取り外し可能だと思います。

SIM

microSIMとnanoSIMが1枚ずつ入れられる仕様です。契約したのがどちらのサイズのSIMでも使えますね。

Wi-Fi

802.11a/acが加わって、通信速度が上がりました。2.4GHz帯だけでなく、5GHz帯も使えるというのは大きいんじゃないでしょうか。

まとめ

とりあえず言えることは、期待以上の出来なのではないかと。これがこの値段で発売されたら、他企業も真っ青になりそう……

処理能力や画質、カメラの解像度など最新機種に並ぶほどの性能で4万円はホントに安すぎます!最新機種は当然8~9万、ものによっては2桁台に突入する中で、その半額です。

最新スマホでも大手キャリアで契約すると、割引などで負担金が減るというのは確かにあります。が、その後も結構高い契約料がかかるので、きめ細かなサポートはありませんが格安SIMにしようかなって人には魅力あふれるスマホではないでしょうか。

※最後は自己判断・自己責任で。

mktia は、Amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazon アソシエイト・プログラムの参加者です。