ぜひシェアをお願いします!

ドコモの料金照会の仕方

accounting

ドコモには「eビリング割引」という割引制度があります。これを利用すると、請求書が紙で届かない代わりに一回線につき20円/月利用料金が安くなるというものです。

請求書が紙で届かなくてもいいよ、という方はぜひ利用したいところですが、月額料金がいくらかかったのかは知りたいところです。

そこで、今回は料金の確認の仕方について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

用意するもの

料金を照会するためには、dアカウント(旧 docomo ID)でのログインが必要です。そのため、dアカウントのIDとパスワードを用意しておきましょう。

dアカウントが分からない場合は、ログイン画面の「ID/パスワードをお忘れの方」を利用するといいでしょう。何度も試すとロックがかかってしまうので、気を付けてください。

ドコモでは様々なサービスを受けるときや契約変更するときなどにdアカウントの情報が必要になっているので、忘れないようにしましょう。

ブラウザで確認

PC / スマホ に対応しています。

My docomo の料金の確認・お支払いのページで確認できます。最大5か月前までの請求情報が表示できます。

ブラウザを使うメリット

ブラウザでは下記のような各種契約手続きなどもできるようになっています。

  • データ使用料の確認
  • dポイントの確認・利用
  • 料金プランの変更

ドコモショップまで足を運んだり、電話しなくてもインターネットでできることもあるので、必要に応じて利用してみてください。

アプリで確認

スマホ に対応しています。

Google Playストアから My docomo アプリをインストールします。

My docomo (~2015年冬春モデル)

My docomo (2015年冬春モデル~)

dアカウントでログインすると利用できるようになります。

アプリを使うメリット

アプリは一度ログインすると、dアカウントのIDやパスワードを変更しない限りはログインし続けた状態になるので、毎回入力する手間が省けます。

また、Android の場合はウィジェットを利用できるので、ホーム画面にいながらいつでも利用料金やデータ使用料、電話料金などを確認できます。

もちろん、ウィジェットは毎日情報を自動で取得してくれます。

因みに、料金を他の人に見られてしまうのでは?と心配な人もいるかと思いますが、アプリに4桁のPINロックをかけることもできます。

スポンサーリンク

ぜひシェアをお願いします!

mktia は、Amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazon アソシエイト・プログラムの参加者です。