ぜひシェアをお願いします!

WordPressで広告が追加できない理由と解決方法

WordPress にウィジェットで広告を追加しようとしても、保存を押すとくるくる回る表示が出たまま更新されず、追加できないときがあります。

今回はこの現象について解決方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

広告の追加の許可

広告を追加するとき、サーバによっては広告が外部からの侵入と間違われて、自動的に排除されてしまう場合があります。

ロリポップ!サーバなどがそれにあたります。

ロリポップ!サーバの WAF (Web Application Firewall) 設定によって広告を追加できなくなっているので、その辺の許可を出してあげれば追加できるようになります。

広告を追加するには

SiteGuardを活用する

ロリポップ!サーバを使っている場合、デフォルトで使うよう推奨されているらしきプラグイン SiteGuard がプリインストールされています。

このプラグインの中には WAF チューニングサポートという機能があるので、これを使うと良さそうです。

ロリポップ!サーバ側で確認すること

ユーザー専用ページの「WEB ツール」の中に「WAF 設定」があります。

そこには自分のサイトの一覧があり、各サイトに接続を試みたときのログが残されています。

「ログを参照」で確認してみると、広告を追加しようとした時間帯に接続の形跡があるはずです。

見つけたら、その接続のシグネチャをコピーします。

プラグインで設定すること

次に、前述の WAF チューニングサポートを使って、接続を許可するよう設定します。

「新しいルールの追加」を押してシグネチャを貼り付け、わかりやすいよう「広告許可」などとファイル名を付けて保存します。

「ルールを適用」して終了です。

これで上手く動作しなければ、次の方法もあります。

WAF機能を無効にする

悪質なアクセスを防ぐために WAF が有効になっていますが、無効にすると上記の設定をせずに広告の追加を許可できます。

正確には、広告を追加することを見逃す、という方がいいのかもしれませんが。

方法は簡単で、先ほど開いたユーザ専用ページの WAF 設定で、ページのURL横の「設定状態」「設定変更」で有効・無効を切り替えられます。

最後に

広告が追加できないときは、WAF が接続を遮断していることがあることを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

ぜひシェアをお願いします!

mktia は、Amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazon アソシエイト・プログラムの参加者です。