ぜひシェアをお願いします!

Google Play Musicをクレジットカードなしで使う方法

google-play-music

無料で音楽を保存することができる Google Play Music ―――

メインのサービスは定額音楽配信サービスですが、音楽を保存しておくマイライブラリとしても使うこともできて、とても便利です。

が、クレジットカードを持たない人にとって、アカウント登録は鬼門。情報を入力しないと先に進めずに、ここでつまづいてしまうことでしょう……

ただ、クレジットカードを持っていないとつくれないのかというと、実はそうでもありません!

スポンサーリンク

クレジットカードの代用

Google Play Musicの支払いにはGoogleペイメントというサービスにクレジットカードを登録する必要があります。

クレジットカードには、4×4=16桁のコードと有効期限、セキュリティコードなんかが記載されていて、Google Play Musicの利用登録時にそれを入力するように求められます。

利用登録ではどの国から利用しているかを確認するために、クレジットカード情報を参照しているようで、「お住まいの国の確認」と表示されていると思います。

つまり、クレジットカードそのものでなくても、それと同じ仕組みのものであればいいわけです!

デビットカードを使う

銀行口座から直接引き落として支払うデビットカードでも登録できます。

デビットカードはクレジットカードと異なり、15歳以上、つまり高校生でも利用できます。

銀行がデビットカード付きのキャッシュカードを発行しているなら、申し込んでから1週間程度で送られてきます。

ものによっては発行手数料や年会費も無料で、もちろん審査もないので簡単に作ることができます。

Vプリカを使う

Vプリカとはプリペイド型のクレジットカードで、16桁のコードをもち、有効期限、セキュリティコードなど、クレジットカードと同様の情報が与えられています。

使い方は、iTunesカードやGoogle Playギフトカードと同じようなものです。

一つだけ気になるのは、手数料がかかるということです。

詳しくは「Vプリカの購入方法と使い方」もご覧ください。

Vプリカの購入方法と手数料
クレジットカードの代わりとして使いやすいVisaプリペイドカード「Vプリカ」! 購入方法にちょっと癖があったり、手数料がかかったりするので、そこを説明していきたいと思います。

バニラVISAを使う

Vプリカと同じ種類のカードとして、バニラVISAというものもあります。

ただし、正直Vプリカ以上の利点がないので、特に何もなければVプリカでいいと思います。

Vプリカカードのコードを入力

Vプリカを発行したら、各種コードを入力します。

もちろん、これまでに使っているカードがあれば、そのカード情報でも構いません。

入力が完了すると、VISAカードとして認識されます。

これで準備はOK!

あとはトントンと進められるはずです!

それでは。

スポンサーリンク

ぜひシェアをお願いします!

mktia は、Amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazon アソシエイト・プログラムの参加者です。