ぜひシェアをお願いします!

WordPressでブログを書くメリットとデメリット

近年 CMS (Content Management System) として個人だけでなく、企業でも広く使われている WordPress は何が魅力だと思いますか?

今回は、WordPress の利用を考える上での長所・短所を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

WordPressとは

コンテンツ・マネジメント・システムの一つで他には Movable Type などが有名ですが、何をするソフトウェアかというと、記事や画像などの様々なコンテンツを統合的に管理するための仕組みです。

サーバの中でディレクトリの階層を作って、記事を書いたらトップページにリンクを貼って、画像はサーバのこの部分から呼び出して…なんてめんどくさい処理を手動でやらなくても、自動的にやってくれるのが便利なところです。

ブログサービスとの違い

WordPress はブログサービスとは異なり、自分の契約している、もしくは所持しているサーバ上にインストールして使うため、普通のブログサービスでは触ることのできない部分(=サーバ)まで管理できます。

それのどこがいいのかというと、プラグインを導入できるという大きなメリットがあります。

プラグインはブログの機能を拡張するもので、ブログに自家製のいいね!ボタンを追加したり、たくさん読まれている記事をランキングにしたり、と様々なことが可能になります。

スキルと知識さえあればできないことはない、それが WordPress です。

因みに、WordPress と WordPress.com は全くの別物です。

WordPress.com は WordPress をインストールした環境があらかじめ用意されていて、それを無料ブログとして貸し出しているサービスなので、プラグインなどは利用できません。

WordPress の欠点

これは欠点というかどうしようもないことですが、レンタルサーバを借りる以上一定のコストがかかります。それも、契約期間中はずっとです。

そのため、いつまで経っても収益化できないという最悪の事態になると、費用だけが嵩んでいきます。

独自ドメインの契約も必要になるので、サーバの契約料金と合わせて年間に数千円はかかります。

良いサーバを契約すればもっとコストは高くなりますが、最初からハイスペックなサーバを借りなくても大丈夫なので、そこは安心してください。

また、WordPress が普及していることが裏目に出て、よく攻撃されます。

対策をきちんとしていればクラッキングされる可能性は低いので、それほど心配することではありませんが。

まとめ

自由にブログを作りたいなら WordPress を利用するのが(今のところ)最も確実な近道です。

収益化を考えたときも経験知が蓄積されているので参考になる記事がたくさんあり、初心者でも扱いやすいのでオススメです。

スポンサーリンク

ぜひシェアをお願いします!

mktia は、Amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazon アソシエイト・プログラムの参加者です。