ぜひシェアをお願いします!

ブログの写真素材にFlickrを使う

Photo by Sebastien Wiertz

ブログには、アイキャッチ画像などで意外と多くの画像を必要とします。

しかし、なかなかピンとくるフリー素材が見つからない…というときに救いの手を差し伸べてくれるのは、多くのユーザーを抱える写真共有サービス Flickr です。

スポンサーリンク

Flickrとは

Yahoo!(米国)が運営する写真共有サービスで、一般ユーザーが投稿した写真を自由に閲覧することができます。

また、公開されている写真はライセンスに則って利用することも可能です。

写真を利用するときの注意点

Flickr は自由に写真を投稿できるサービスですが、フリー素材ではありません。

利用するときは、ライセンスの確認、一定の形式に従った引用が必要です。

ライセンス

それぞれの写真は、その利用目的等について定めたクリエイティブ・コモンズ・ライセンス (CC)に従って公開されています。

投稿日の下に表示されているライセンスには大きく 2 種類あります。

All rights reserved

著作権のすべてが投稿者に帰属しているときにつけられているライセンスです。©の表記がそれにあたり、これは著作権保有者の死後 50 年まで、著作権が有効であることを示しています。

写真の利用は一切できません。

Some rights reserved

目的などを限定して、写真の利用が可能なものを指します。

更に、Some rights reserved の左側には、付与している CC ライセンスの詳細がアイコンで表示されています。

CC ライセンスの条件には以下の 4 つが挙げられます。

  • 表示:作品のクレジット(原作者の氏名、作品のタイトル等)の表示義務
  • 非営利:商用利用不可
  • 改変禁止:編集不可
  • 継承:原作の CC ライセンスに従う

この 4 条件の組み合わせで 6 種類のライセンスがあります。

表示

creative-commons-1

クレジットを表示すれば、自由に編集でき、商用利用も可能です。

表示-継承

creative-commons-2

継承が付いているので、その著作物の元となった著作物の CC ライセンスに従って利用できます。

表示-改変禁止

creative-commons-3

改変禁止であるため、画像を編集することはできませんが、商用利用は可能です。

表示-非営利

creative-commons-4

クレジットを表示しても、商用利用は認められていません。

表示-非営利-継承

creative-commons-5

商用利用は認められていない上、元の著作物の CC ライセンスに従って利用しなければなりません。

表示-非営利-改変禁止

creative-commons-6

商用利用は認められず、著作物の編集もできません。

ブログに利用できるライセンスは?

ブログを営利目的で運用している場合、非営利が付いた写真は利用できません。

しかし、それ以外の CC ライセンスが付与されている場合は、限定的ではあっても CC ライセンスを遵守すれば利用できます。

写真の利用の仕方

CC-表示ライセンスに従って、氏名や写真へのリンクを写真の下に併記します。

例として、このページのトップの写真には Flickr のものを利用しており、写真の下にクレジットを掲載しているので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ぜひシェアをお願いします!

mktia は、Amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazon アソシエイト・プログラムの参加者です。