ぜひシェアをお願いします!

パソコン版LINEアプリの使い方

LINE アカウントを持っていれば、パソコンでも LINE のやり取りができます。パソコンの作業中にスマホを開くのがめんどくさかったり、スマホが手元になかったりしたときに便利で使っています。

パソコン向けの LINE アプリはいくつかあります。

スポンサーリンク

Chromeアプリを使う

Google Chrome ブラウザで利用できる Chrome アプリを使うとインストールが簡単です。

日本ではあまり活用されていないようですが、Chrome ブラウザには専用アプリもあります。

→ LINE – Chrome ウェブストア

面倒な点としては、アプリを閉じるときにログアウトする使用になっているので、使うときに毎回ログインする必要があることです。

手元にスマホがあれば QR コードを読むだけでいいですが、修理に出しているとか電池が切れてしまったとか、使えない状況にあると Chrome アプリの LINE も使えません。

Windowsアプリを使う

ストアから Windows アプリをダウンロードすることもできます。

LINE – Microsoft ストア

こちらのアプリは一度ログインすれば一定期間ログインした状態を保てるので、毎回ログインする必要はありません。

FAQ (予想)

ログインできない

PC でのログインは許可制になっています。

スマホアプリの設定 > アカウント > ログイン許可にチェックを入れましょう。

ログインしていないのにログイン通知が来た

LINE アカウントのメールアドレス、パスワードが漏れているときに起こります。このとき、次のようなメッセージが来ます。

PCでLINEにログインできませんでした。
ログインを試みた端末: XXXXX
心当たりがない場合はアカウント情報を変更してください。

スマホアプリの設定 > アカウント > ログイン中の端末で強制的にログアウトし、メールアドレスとパスワードを変更したほうがいいです。

Letter Sealingメッセージが復号されていない可能性があるため表示できません

LINE はメッセージの通信を暗号化してセキュリティを高めていて、その方法を Letter Sealing と呼んでいます。

スマホアプリには対応していますが、パソコンのアプリは対応していないようです。(不便)

オフになっている人同士、オンになっている人同士しか通信できず、オフにするとこれまで通信できていた人と通信が途切れてしまうため、自分だけオフにはできません。

過去のトーク内容が表示されない

トーク内容はスマホアプリに保存されているので、PC で見られないことがあります。(不便)

スマホに通知が来ない

Windows の LINE アプリには最後の操作から 3 分間はスマホへの通知をオフにする機能がついています。

Windows の LINE アプリの設定 > 新着 > ログイン時にスマホの通知をオフにするをオフにするとスマホに通知がいくようになります。

最後に

いくつか不便な点も残ってはいますが、スマホを家に忘れたり、充電が切れてしまったりしても、ノートパソコンと通信回線があれば LINE はできるんです。

誰かにアカウント情報が渡ってしまうと内容の流出の恐れはありますが、複数端末でログインできる仕組みの便利さとどちらがいいのか。どちらにせよ、LINE はトーク内容をサーバに保存しないスタイルなので、それは叶わないんですけどね。

スポンサーリンク

ぜひシェアをお願いします!

mktia は、Amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazon アソシエイト・プログラムの参加者です。