ぜひシェアをお願いします!

WordPressのプラグインは自動で更新するのが楽

WordPress のプラグインを利用していると、プラグインの更新があると登録しているメールアドレスに通知が来て、WordPress 側でも更新マークが表示されるようになります。

基本的に通知されたときは更新するのが望ましいですが、いつでも更新できる状態にあるとは限らないので、次開くときまでお預けになってしまうこともあります。

その更新の手間を省くためにも、公式に用意されている自動更新機能を使ってみましょう!

スポンサーリンク

WordPress.comでアカウント登録

自動更新機能を使うためには、WordPress と WordPress.com のアカウントを結び付ける必要があります。

そのため、WordPress.com のアカウントを持っていないなら、登録しておきましょう。

因みに、ユーザー名やパスワードを WordPress で利用しているものと同じにする必要はありません。

Jetpackの利用

もう一つ、連携するためには Jetpack という WordPress 公式のプラグインの機能を有効にしている必要があります。

インストールされていない場合はインストール、プラグインが無効になっている場合は有効にしましょう。連携のみに利用するのであれば、付属している機能を全てオフにしていても構いません。

連携するまでの手順

アカウントの連携

有効になっている状態であれば、右端のメニューバーの上部に Jetpack という表示が出ています。そのボタンを押すと「Jetpack を連携してください」と表示されるページに移動します。

そのページの中央に「Jetpack と連携」というボタンが表示されているので、それをクリックします。

ここで、WordPress.com のアカウントと連携します。

一元管理機能の有効化

それが終わると、自動的に Jetpack の主な機能のオン・オフができるページに移動しますが、そのページに一つだけ色が異なる欄があります。

その WordPress.com ツールを有効にすることで、WordPress.com でサイトの一元管理ができるようになります。

これで連携は終了です。最後にプラグインの自動更新をオンにしましょう。

自動更新機能をオンにする

WordPress.com へ移動したら、プラグインを管理するサイトを選択します。選択後、右端のメニュー欄の下部の設定の中にプラグインという項目が表示されます。

それを押すと、今インストールされているプラグインがすべて表示されている画面になります。

それぞれのプラグインの欄の右端には、有効・無効のスイッチと自動更新のオン・オフのスイッチがあるので、ここで自動更新をオンにすれば完了です。

最後に

自動更新をオンにすれば、プラグインを常に最新の状態に保つことができます。

プラグインの更新はセキュリティ的にも重要だったりするので、自動更新を設定しておくと便利です。

スポンサーリンク

ぜひシェアをお願いします!

mktia は、Amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazon アソシエイト・プログラムの参加者です。