ぜひシェアをお願いします!

複数のスマホでデータを共有する方法

storage

旅行で撮った写真や動画、授業で使うプレゼンテーションの資料など、データを複数人で共有したいというとき、あなたはどんな方法を採るでしょうか。

スポンサーリンク

メールやSNSでの共有

メリット

最初から全員のメールアドレスが分かっていたり、LINE などで多数の人とデータを共有するときにはこの方法は便利です。

データをメッセージに添付するだけで共有することができるのですから。

デメリット

しかし、この方法には欠点もあります。

一度メッセージに添付されたデータは変更されることがありません。ダウンロードして編集した場合は、再び別のファイルとしてアップロードしなければならないのです。

これは主にドキュメントファイルなどで言えることですが、複数人での作業をするときには向かない方法でしょう。

また、LINE の場合はアップロードされたデータには保存期限があるので、それを過ぎると読み込むことができなくなります。

LINE を利用した写真・動画の共有には他にもデメリットが考えられます。詳しくは下の記事をご覧ください。

やはりLINEで写真を送るのはまちがっている。
今やコミュニケーションツールの主流として確立した地位にあるLINEですが、写真のやり取りという点ではまだまだです。 むしろLINEでやり取りすることで、後悔することになるかもしれません!

オンラインストレージを利用する

メリット

一方、オンラインストレージを利用した場合、データの更新という形で編集することができます。

また、共有フォルダを作っておけば、別の機会にデータを共有するときなどにも便利です。

メッセージに添付される形で送られたデータなら過去に遡って探すという手間がかかりますが、その必要もありません。

デメリット

もし、一回きりのデータ共有で、しかも編集が必要ないとき。

さらに言えば、データの質に関しても特にこだわりがないときは、わざわざオンラインストレージで共有する必要はないでしょう。

相手が使い方を理解していない場合は、逆に使いづらい方法です。

まとめ

日頃は LINE を利用した共有が多いのですが、画質が低下してしまうのはやはり少し悲しい気がします。

人数が増えるほど共有方法の簡便さが求められますが、個人的には共有するデータの質にも目を向けて欲しいところです。

スポンサーリンク

ぜひシェアをお願いします!

mktia は、Amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazon アソシエイト・プログラムの参加者です。