ぜひシェアをお願いします!

Search Consoleへの登録方法とその使い方

Google Analytics のオーガニック検索キーワードという項目では、ブログの来訪者がどのように検索してブログにやってきたのかを知ることができるでしょう。

しかし、この機能以上に詳しく検索キーワードを解析してくれるサービスがあります。

それが Google の Search Console(旧 Google ウェブマスター)です!

スポンサーリンク

登録とサイト所有者の確認方法

ブログの登録

まず、Google アカウントで Search Console に登録します。

登録すると Search Console へようこそ!という画面になるので、解析するブログの URL を入力し、プロパティの追加をクリックします。

サイト所有者の登録

ブログが追加できたら、次にサイト所有者の登録をしましょう。(プロパティ所有者ということもあります。)

登録方法はいくつかありますが、同じアカウントで既にブログを Google Analytics に登録しているなら、Analytics を使った確認が一番簡単です。

そうでなければ HTML ソースコードを埋め込むのがいいでしょう。

WordPress のテーマによっては ID 的なものを入れると認証できるというものもあります。(Google Analytics を利用した方が楽ですが。)

たったこれだけで設定は完了です!

Search Console の使い方

Search Console は登録してから数日経たないと、検索データを読み込んでくることができません。登録直後は、データが反映されるまで一週間程度待つことになります。

その後は 2 ~ 3 日遅れでデータが更新されていきます。

検索に関すること

まず、検索キーワードを詳しく表示できます。

検索エンジンをもつ Google のウェブマスター専門のサービスなので、Google Analytics や他のアクセス解析サービスにも表示されない内容まで見ることができます。

検索時にそのキーワードでクリックされた回数だけでなく、検索結果に表示された回数、大まかな検索順位がわかります。しかも、スマホやパソコンごとに分類して表示することが可能です。

これを基に、注目すべき検索キーワードを探して、その関連コンテンツを増やしていくのも良いでしょう。

SEOに関すること

検索エンジンに自分のブログを掲載し、その構造を示すためのサイトマップの送信には Search Console を使います。

また、最初は検索エンジンに登録(=インデックス)されるまでに時間がかかるのですが、インデックスするために自分のブログを見回る(=クロールする)ように要請を出すこともできます。

サイトマップを送信することで、よりサイトの構造をはっきりさせ、コンテンツの展開をスムーズに行うことができます。

最後に

Search Console はブログのコンテンツづくりやタイトルの付け方、その他 SEO には欠かせないサービスです。ぜひ使ってみてください!

スポンサーリンク

ぜひシェアをお願いします!

mktia は、Amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazon アソシエイト・プログラムの参加者です。