ぜひシェアをお願いします!

URLを貼るだけでは間違っている?リンクの作り方

自分もしくは他の誰かが書いた記事をリンクするとき、ただ URL を貼るだけというのは、あまりよくありません。

読者から見ても SEO としても最適なリンクの貼り方を考えてみましょう!

スポンサーリンク

リンクは文字に付与すると良い

リンクを貼るときに URL だけ貼ると、リンク元がどのような記事だったのか読者にはわかりません。せいぜい関連している記事だろう、という程度です。

例えば、このページをリンクで貼ってみることにしましょう。

URL だけだと、http://aita.info/how-to-make-a-link となります。

これに比べて、URLを貼るだけでは間違っている?リンクの作り方 とした方が分かりやすいと思いませんか?

記事の質を上げるという点においても、わかりやすさは重要であるといえるので、このように文章を押してリンク先に飛べる仕組みがいいでしょう。

文字にリンクを設定するソースコード

文字にリンクを結び付けるとき、ソースコードはこのようになっています。

また、新しいページでリンク先を開くように設定するときはこのようになります。

target に指定する内容を変えることで、新しいページを増やしすぎないようにリンクを複数開いても、新しいページを 1 ページしか開かないように設定することもできます。

間違ったリンクの付与

この記事は、こちらの記事を参考にして~

などと、「こちら」で済ませてしまっている場合がありますが、これはあまり良くありません。

URL のみを貼ったときと同様に、内容が分かりにくくなってしまいます。

SEOの観点から

ブログを書く上で検索エンジンの評価は大切な指標で、その手法として SEO が挙げられます。

SEO というのは簡単に言うと検索エンジンに最適化することで、検索結果の順位を上げてより多くの人に記事を読んでもらうことを目的にしています。

リンクを貼ると、そのリンク先にリンク元の評価が少し流れます。評価が流れるということは、ブログの評価が上がらないということであり、読者増に結び付きません。

そうならないために、外部リンクには nofollow 属性を付与しておくといいでしょう。

リンクにnofollow属性を付与するソースコード

このように rel=”nofollow” を付け足すだけで OK です。

文字の装飾

ところで、文字の装飾はどのようにしていますか?

重要な部分は太字にしたり色を変えたりするかと思いますが、中には下線を付ける人もいます。

しかし、下線を付けるとリンクと間違われてしまうことがあります。実際にリンクには下線があることが多いですから。

読者からすると紛らわしくて厄介に感じるので、下線はリンクだけに使うようにするのがいいでしょう。

最後に

リンクの貼り方ひとつで、読者に与える印象、検索エンジンに与える影響は変わってしまいます。最適なリンクの貼り方を心がけるようにしましょう。

スポンサーリンク

ぜひシェアをお願いします!

mktia は、Amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazon アソシエイト・プログラムの参加者です。