ぜひシェアをお願いします!

Search Consoleの管理アカウントを変更する方法

以前は Google ウェブマスターという名だったサービスは、今は Search Console として提供されていて、他の Google のサービスと同じように、管理アカウントは追加したり削除したりできるようになっています。

では、管理アカウントを登録・変更する方法について見ていきましょう!

スポンサーリンク

アカウントの追加

アカウントには 3 種類あります。

  • フル権限を持つ利用者アカウント
  • 制限付き権限を持つ利用者アカウント
  • 管理者用アカウント

単に Search Console で検索トラフィックやインデックスの状況を確認するだけの目的でアカウントを追加するのであれば、管理者ではなく利用者として登録することができます。

また、これまで使っていた管理用アカウントを削除するために新しいアカウントに移行する場合など、管理者用アカウントの追加も可能です。

利用者として登録する

  1. サイト名横にある「プロパティの管理」で「ユーザーを追加/削除」を選択する
  2. 「ユーザーとプロパティ所有者」の画面で「新しいユーザーを追加」と書いてある赤いボタンを押す
  3. メールアドレスを入力し、権限に「フル」もしくは「制限付き」を選択する

制限付きよりフル権限の方が見られる情報が少し多くなります。

管理者ではないので、登録や設定などの根幹の部分は触ることができません。

管理者として登録する

管理者として登録、もしくは管理者権限を完全移行するときは、利用者として登録した後に次の流れに沿って操作します。

  1. 「新しいユーザーを追加」の隣の「プロパティ所有者の管理」を押す
  2. 下の方にある「確認済みサイト所有者」でサイト所有者を追加する

確認済みのサイト所有者として登録されると、権限の表示が「フル」ではなく「オーナー」に変わります。

オーナーになると管理ユーザーの登録・削除を行う権限が与えられ、全権限を行使できるようになります。

利用者としての登録を省いた場合

実は、「プロパティ所有者の管理」の操作だけでユーザーとして追加することはできます。

しかし、最初に「新しいユーザーを追加する」で登録してから、そのアカウントをプロパティ所有者として登録することで、前の管理アカウントから操作するだけで楽に処理できます。

最後に

アカウントを作り直したとき、各種サービスで異なるメールアドレスを登録しているときなど、管理アカウントを一元化するときに役立ててみてください!

スポンサーリンク

ぜひシェアをお願いします!

mktia は、Amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazon アソシエイト・プログラムの参加者です。