ぜひシェアをお願いします!

WordPressとレンタルサーバでブログをつくる

レンタルサーバを借りて WordPress でブログを書きたいと思ったら、どのような準備が必要になるでしょうか。

今回は、サーバの契約からブログの形ができるまでを説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

レンタルサーバを借りる

WordPress.com ではなく WordPress を利用するには自前のサーバ、もしくはレンタルサーバが必要になります。

一からのサーバを構築するという手もありますが、ハードウェア、技術、お金、火災など様々な問題があるので、レンタルサーバを利用するという結論に至るのではないかと思います。

レンタルサーバにもいくつか種類があります。サーバの比較は様々なサイトが行っているので、知りたければそちらを参照することをオススメしますが、多くのサイトでオススメされているレンタルサーバは月 1,000 円程度です。

何の知識もない状態で年間 12,000 円の契約を結ぶには不安があったので、結局このブログでは ロリポップ! という GMO ペパボ株式会社のサーバを利用しています。

Lolipop

ロリポップ!は月 100 円から借りることができる、割と安めのレンタルサーバです。

しかし、100 円サーバは WordPress に対応していないので、WordPress を利用したい場合は最安でもライトコースを選択することになります。

また、別途契約時に初期費用 3,240 円(税込)がかかります。

ライトコースの特徴

  • 税抜 250 円/月( 6 か月/ 1 年分一括払い時
  • CGI 版 PHP

月額 250 円と表記がありますが、これは税抜き価格、しかも半年以上の契約金を一括払いしたときのものです。1 か月のみの契約では上記の 1.2 倍の税込価格で 324 円です。

モジュール版 PHP ではなく CGI 版 PHP なので多少表示速度が落ちるかもしれません。

→ ライトプラン 詳細はこちら

スタンダードコースの特徴

  • 税抜 500 円/月( 6 か月/ 1 年分一括払い時
  • モジュール版 PHP 利用可能

ライトコースの一つ上のランクがスタンダードコースで、モジュール版 PHP が使えます。半年未満の契約では 648 円/月です。

料金はライトコースの 2 倍ですが、スタンダードコース以上だと初期費用無料キャンペーンをやっていることがあり、初期費用はスタンダードコース半年分の契約料金と同じ額なので、実は半年の契約でライトコースとスタンダードコースの費用は同じになります。

もちろん、半年経過後はスタンダードコースのほうが料金が高いです…

スタンダードコースにはライトコースにない特典が色々あります。

→ スタンダードプラン 詳細はこちら

サーバは移転可能

ブログはレンタルサーバ上にあり、自分ですべてのファイルにアクセスできる状況にあるということが、普通のブログサービスとは異なる点です。

サーバにアクセスできるため、ファイルが揃っていれば他のサーバに移動することができます。そのため、契約しているサーバに満足いかなくなったら移転が可能です!

その手続きはすんなりいくこともそうでないこともあるようですが…

独自ドメインを契約する

Lolipop の場合は登録時にドメインを一つ利用できるようになります。

.jp や .net ではなく .main.jp, .raindrop.jp など少し変わったドメインではありますが、これを利用している人もいます。

しかし、今回はもっと簡潔なドメインにしたいという前提で、契約方法を見ていきましょう。

ドメインを探す

まず、利用したいドメインが使えるかどうか、ドメインを販売しているサービスで確認します。

Lolipop を選んだので、同じ GMO ペパボ株式会社が運営しているために処理が楽な ムームードメイン を利用しました。入力窓に使いたい文字列を打ち込むと、すぐに検索して利用の可否と価格を表示してくれます。

また、親会社の GMO インターネットが提供している CM でも有名な お名前.com というサービスを利用することもできます。

ドメインの過去を調べる

使いたいドメインで利用できるものが見つかってもすぐには契約せず、ドメインの過去を調べます。

なぜそんなことをするかというと、もし過去に有害サイトで使われていたら検索エンジンに嫌われているドメインである可能性が高く、とても不利だからです。

過去の履歴は Internet Archive の Wayback Machine で調べることができます。

契約後の手続き

料金を支払ってサーバとドメインを契約したら、サーバにドメインを登録します。

やり方はサーバによって異なりますが、Lolipop の場合「独自ドメイン」の「独自ドメイン設定」で可能です。そのままですね。

次に、WordPress を利用する場合はサーバに WordPress をインストールします。Lolipop では WordPress を簡単にインストールできる環境が用意されているので、それを利用すれば OK です。

WordPress で利用する ID とパスワードを入力し、インストールするディレクトリを選択しますが、よく狙われるので ID, パスワードはわかりやすいものにしないでください。

最後に

これでレンタルサーバと独自ドメインの契約、WordPress のインストールまで終了しました。

WordPress の基本的な形自体はできたので、少しいじってみて感触を確かめてみてくださいね!

スポンサーリンク

ぜひシェアをお願いします!