ぜひシェアをお願いします!

SMSとSNSは何が違うのか?

iphone

ノーマルな回線契約を結んでいるスマホでは SMS も SNS も利用できます。見た目もそっくりですが、そこには大きな違いがあるのです。

今回は、意外と知らない(かもしれない) SMS と SNS の違いについてみていきましょう。

スポンサーリンク

SMS

Short Message Service の略称で、テキストメッセージを相手に送信することができます。

使われる事例

SMS はプライベートの場合、電話の不在着信や二段階認証の認証キーなどの受信に使われることが多くあります。

また、電話番号が分かれば送信できるので、ビジネスでも使われる機会があるでしょう。

料金が発生する

相手の電話番号を知っていればやり取りできることはメリットといえるかもしれませんが、送信する度にお金がかかるということを念頭に置かなければなりません。また、メッセージには字数制限があります。

請求される料金はメッセージの送信回数及びメッセージの字数によって変わります。

因みに、料金が発生するのは送信時だけなので、二段階認証などでの利用にはお金がかかりません。

利用条件

データ通信専用の SIM カードでは利用できないので、利用する場合は音声電話付きの SIM カードか データ通信+SMS の SIM カードを利用する必要があります。

SMS はキャリアで契約していれば使えるので、アカウント登録は必要ありません。

SNS

Social Networking Service の略称で、Twitter や Facebook などが有名です。

多数のユーザーを相手に、テキストメッセージだけでなく、画像や動画、音声などを送ることができます。

SMS と違い、メッセージの送信に際してお金がかかることはありません。また、データ通信専用 SIM カードでも利用することができるので、電話番号も必要ありません。

まとめ

SMS と SNS は一字違いの名前ですが、その役割は全く異なります。

偉そうなことは言えませんが、IT社会を生きていく上で必要な基礎的知識として覚えておくといいと思います。

スポンサーリンク

ぜひシェアをお願いします!

mktia は、Amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazon アソシエイト・プログラムの参加者です。