ぜひシェアをお願いします!

Chromium OSでシステムプロパティを見るには

keyboard

使い慣れたWindowsパソコンとかならすぐにわかることなのですが、Chrome OSだとどこで確認できるのかわかりません。左クリックで出るメニューが少ないというのは、Windowsに慣れている分辛かったり。タスクバーの左クリックもできないので、タスクマネージャを開くこともできません。

今回は、Chrome OS上でSystem Informationを見る方法と、タスクマネージャを開く方法を紹介したいと思います。
筆者はChromium OSを使っていますが、おそらく同じ手順です。

スポンサーリンク

システムのプロパティを確認する

アプリを使う

Chrome OSはChromeのアプリを利用することを前提に作られているということで、プロパティを見るにもアプリが必要です。今回は”System”というアプリを使っていきます。

確認できること

CPU

Architecture

32bit か 64bit か

Model Name

CPUの名前 (ボクの場合はIntel Pentium M Processor 1.73GHz)

Number of Processors

コアの数

Memory

Total Capacity

合計のメモリ容量

Used Capacity

現在のメモリ使用量

Available Capacity

使えるメモリの残容量

他にも、搭載しているOS、オンラインかオフラインか、スクリーンの大きさなど、色々な情報が載っています。

面白い機能としては、ネット上での現在地も表示してくれたりします。

アプリのインストール方法

既にご存知かもしれませんが、念の為解説したいと思います。

  1. 右下の虫眼鏡マークを押し、ウェブストアに接続する
  2. ”System”と検索し、Chromeに追加する

因みに、アプリアイコンは懐中電灯です。メモリが足りていなかったりするのがわかるので、動作が重く感じたときは使ってみてください。

タスクマネージャを開く方法

続いて、タスクマネージャについて説明します。前述の通り、タスクマネージャはタスクバーの左クリックでは起動できません。

Chromeブラウザのメニューから起動することもできますが、今回はもっと簡単な手順で開く方法を紹介します。

操作は簡単で、Shift+Escを同時に押すだけです。
CPUの稼働状況などを確認するときにどうぞ。(私が作ったわけではありませんが……)

スポンサーリンク

ぜひシェアをお願いします!

mktia は、Amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazon アソシエイト・プログラムの参加者です。