ぜひシェアをお願いします!

Androidデバイスマネージャでロックが解除できなくなった

shock

スマホに設定したパスワードを忘れてしまったとき、解除方法として利用できたのが「Androidデバイスマネージャ」でした。

しかし、その後の仕様変更により使えなくなってしまったようで…

スポンサーリンク

ロック機能の応用

以前は「ロック」機能を使ってパスワードを変更することができるようになっていました。

これは、誰かにスマホを盗まれた可能性があるとき、相手がパスワードを解除できなくなるために重要な仕組みでした。

なぜなら持ち主がその場でパスワードを設定できるので、それが簡単なパスワードでない限り解除が難しくなるからです。

この機能を使うと、パスワードを忘れてしまってもパソコンやほかのデバイスから、スマホのGoogleアカウントを使ってAndroidデバイスマネージャでパスワードを変更することができたわけです。

仕様変更後

おそらく2015年秋頃に仕様変更があり、そのときに既にロックされているスマホには新しいパスワードが適用できなくなったようです。

新しいパスワードでロックしようとすると、「画面ロックは既に設定されていることを確認したため、入力されたパスワードは必要ありません。」というメッセージが出ます。

実際、パスワードも変更されていませんでした。

なぜこのような仕様になってしまったのかはわかりませんが、パスワードがわからなくなってしまった場合、同じデバイスマネージャ内の「消去」で端末の初期化をしないと入れなくなってしまいました…

ついでに

もう一つ気になるのが「Androidデバイスマネージャにより端末の位置が特定されました」という通知です。

わざわざ通知してしまっていいんでしょうかね。

もしスマホが盗まれてしまったとしたら、盗んだ人に有利になるだけだと思うのですが…

スポンサーリンク

ぜひシェアをお願いします!

mktia は、Amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazon アソシエイト・プログラムの参加者です。